読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lyの日常

主が楽しくプログラムをカキカキするブログ

OpenGL始めてみた、ω、

OpenGL

一年のころに講師の方からゲーム開発用に配布されたライブラリも
OpenGLを元にしてつくられていたようです

2年になって使い始めたCinderLibraryもOpenGLを使ってますし
OpenGLってライブラリの元として使われていることが多いようです

ということからOpenGLに興味を持ちまして
最近OpenGLを始めてみたわけですが

すごく・・・
原始的です////

今までだと

画面に点を描画するとき

drawPoint(Vec2f pos, Vec2f size);

こんな感じで点を描画する関数に必要なデータを渡すだけだったのが

OpenGLだと

// サイズ指定
glPointSize(int size);
// 何を描画するのかを指定
glBegin(GL_POINTS);
// 位置を指定
glVertex2i(int pos_x, int pos_y);
// 描画するものの効果範囲を終了
glEnd();

こんな感じで何をするのか細かく指定してあげないといけないようです
逆に細かく指定できる分いろいろと幅が広がるのかな?

まだウィンドウの描画点の描画までですが
gitにあげているのでよければどうぞ、ω、github.com